花咲ガニ 旬

花咲ガニの旬は一体いつ??

▲花咲ガニの旬は意外にも夏!
花咲ガニの旬は実は夏なんです!
カニは冬のイメージが強いですが、花咲ガニは夏がシーズン。
ズワイガニやタラバガニに比べて、流通量が少なく値段も高価なので、カニ好きな人へのお中元にも最適です♪
花咲ガニの漁は、主に北海道とロシアで行なわれていて、釧路は3月15日〜7月一杯、根室では7〜9月と漁期が限られています。

 

▲花咲ガニは希少なカニ!
資源保持の為、北海道のカニカゴ漁では、毛ガニ・花咲ガニはメスと甲羅の長さが8cm未満のオスを獲ることは禁止されています。
その為「メスの花咲ガニ」と書いてある商品は、大変貴重!
漁期を過ぎるとロシア産や冷凍物が多くなります(^_^;)
他のカニに比べて認知度は低めですが、カニ通の間では「なかなか手に入らない幻のカニ」と言われています☆

 

 

●花咲ガニは実はタラバガニの一種!

 

▲花咲ガニの特徴
花咲ガニは体が非常にトゲトゲしているので、一見すると毛ガニと思ってしまいます。
ですが実は「タラバガニ科」で、タラバガニの仲間なんです!
大きさはタラバガニと毛ガニの中間くらいで、足は太く短いのが特徴!
花咲ガニの名前は、北海道根室市花咲半島の周辺で良く穫れて、花咲港で水揚げされたことが由来なんですよ♪

 

 

●花咲ガニの美味しい食べ方!

 

▲花咲ガニの味の特徴
「花咲ガニはタラバガニの一種」と書きましたが、味は随分違います。
ズワイガニやタラバガニと比べて、独特の甘みと、瑞々しく濃厚な少し癖のある味わいが特徴的です。
カニ身や、旨味成分のアルギニンと甘味成分のプロリンは、9月上旬になるほど量が多くなります。
身が多くて美味しい花咲ガニを食べるなら9月が狙い目!

 

▲超貴重な花咲ガニのメスについて
花咲ガニのメスの卵は、その濃厚な味から通好みな珍味★
すし酢やわさび醤油を少し付けて食べても美味しいですよー!
花咲ガニのメスは市場に出回ることが本当に少ないので、販売されていた時に即買いするのが鉄則です!

 

▲花咲ガニの美味しい調理方法
花咲ガニの食べ方として有名なのが「鉄砲汁」!
カニの入ったみそ汁のことで、足をぶつ切りにしてみそ汁に入れます。
豪快ながら、カニの味を存分に味わえる食べ方の一つです。
他にもカニチャーハン、カニ鍋、天ぷら、甲羅酒などにして食べます(^u^)
ぜひ花咲ガニを手に入れた時の参考にして下さいね!